Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/04/21
【朝日新聞】発達障害者に支援や配慮を 避難生活なじめずパニックも


 

【朝日新聞】発達障害者に支援や配慮を 避難生活なじめずパニックも
続きを読む
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ4M4325J4MUCLV007.html

熊本県などでの一連の地震で、多くの住民が避難生活を強いられている。自閉症など発達障害がある人の中には、環境の変化に対応するのが難しいため、パニックをおこしたり、共同生活になじめなかったりすることがあるので配慮が必要だ。

国立障害者リハビリテーションセンター研究所の発達障害情報・支援センターが東日本大震災(2011年)の翌年、岩手、宮城(仙台市を除く)、福島の3県で、発達障害がある人(もしくは、家族が代理で回答)にアンケートしたところ、276人が回答。避難所を利用した人は23%で、そのうち避難所で問題なく過ごせた人は18%にとどまった。

偏食で配給食が食べられない▽見守りが必要で配給の受け取りに行けない▽夜中に目を覚まして声を出してしまう――など、障害特有の行動で、本人だけでなく、家族の負担も大きかった。周囲に遠慮し、避難所生活をあきらめて車中生活を送った家族もいた。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ