Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/05/06
【熊本日日新聞】社説:震災と子ども 心のケアに万策講じたい


 

【熊本日日新聞】社説:震災と子ども 心のケアに万策講じたい
続きを読む
熊本日日新聞
http://kumanichi.com/syasetsu/kiji/20160505001.xhtml

熊本地震からきょうで3週間。いまだに避難所暮らしや車中泊を余儀なくされたままの被災者は多い。とりわけ長い間、非日常の環境に置かれた子どもの心労は大きいだろう。大人でさえトラウマ(心的外傷)になるような揺れに襲われ、余震の恐怖は今なお続く。子どもたちの心のケアにあらゆる手だてを尽くしたい。

阪神大震災時には、避難先の近くをダンプカーが通り、揺れただけで動けなくなってしまう子どももいたという。子どもたちは心身の不調を言葉でうまく表せない傾向があり、受けた衝撃も一人一人異なる。つらい思いを我慢して心の中にため込まないようにすることが肝要だ。周囲の大人は、子どもの声にじっくりと耳を傾ける姿勢を心掛けたい。

専門家は子どものトラウマ反応に気をつけるよう呼び掛ける。怖い経験をした後は、親から離れなくなったり、赤ちゃん返りしたり、イライラするなど興奮状態が続いたりすることがあるという。そんなときは異常な行動ではないことを理解した上で、叱らずに安心感を与えることが大事、と指摘する。

続きを読む

熊本日日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ