Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/07/19
【朝日新聞】子どもの貧困 乳幼児期から親も含めた支援を


 

【朝日新聞】子どもの貧困 乳幼児期から親も含めた支援を
続きを読む
朝日新聞
http://book.asahi.com/reviews/column/2016071000002.html

[文]湯澤直美(立教大学教授)

貧困状態で暮らす日本の子どもは約6人に1人。人生のスタートラインから社会的に不利な状況に置かれる子どもたちがいる。「貧困は私の運命。抜け出すことなんて出来ないのよ」「子どもに夢をもてとは言えない。自分が夢をもてないのだから」——子ども時代から貧困のなかで生きてきた保護者が語った言葉だ。自助努力では解決できない構造的な社会問題、それがいま立ちはだかっている貧困だ。

■学校内での排除

そもそも、「子どもの貧困」に焦点を当てることに、いかなる意味があるのか。イギリスの研究者テス・リッジの著作の翻訳本『子どもの貧困と社会的排除』では、従来の視点は、しばしば「未来の労働者」としてのみ子どもを捉え、子どもの生活から生まれるニーズを捉えようとしていない、という。

「貧しくてかわいそうな子どもたち」というネガティブなステレオタイプは、差別や排除を強めるおそれがあり、「独自の利害と声と主体性」をもつ存在として子ども自身の経験を明らかにする必要を指摘。子どもへのインタビューから、日々経験する様々な排除を描き出す。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ