Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/08/10
【@DIME】LGBTにフレンドリーな企業は好印象?


現在、日本では約12人に1人、約8.0%がLGBT(※)に該当するといわれている(2016年LGBT総合研究所調べ)。この数字は、左利きの人と同じ割合にあたる。昨今、LGBTに対して取り組む企業が増えているが、一方「8.0%に対して取り組むのはまだ早い」と考える企業も少なくない。

※レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーを含むセクシャルマイノリティの総称。

「“LGBTフレンドリー”企業の印象」に関する調査

世の中のLGBに関する独自の調査・研究、情報発信を行なうLGBTマーケティングラボ(運営:レティビー)は、5月26日から6月1日にかけて、日本全国20~50代の330名を対象に、「“LGBTフレンドリー”企業の印象」に関する調査を実施した。

これは「LGBT支援に取り組む企業=LGBTフレンドリーである企業」の商品/サービスが、LGBT当事者以外に与える影響について探るべく、日本全国47都道府県で年齢性別不問のインターネットアンケート調査を実施したもの。その結果、LGBT非当事者(ストレート)の過半数が、LGBTフレンドリーである企業の商品/サービスに対してポジティブな印象であることがわかった。

続きを読む

北海道新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ