Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/08/02
【朝日新聞】差別や偏見に苦しんだ、それでも 相模原殺傷、匿名葛藤


 

【朝日新聞】差別や偏見に苦しんだ、それでも 相模原殺傷、匿名葛藤
続きを読む
朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y5HGCJ7YUTIL04N.html

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、神奈川県警は犠牲者やけが人の氏名を公表していない。当事者たちの思いは複雑だ。

胸を刺されて入院中の森真吾さん(51)の母の悦子さん(79)=相模原市緑区=は、津久井やまゆり園で16年前に開かれた運動会で笑顔を見せる真吾さんの写真を取り出した。「これ、よく見て下さい。うちの真吾です、かわいいでしょう」

真吾さんは一時意識不明になった。29日も入院中だが、手を握ると握り返すほどに回復してきたという。

園に入って約20年。重い障害があり、言葉を発することが困難だ。これまで、近所の人や親戚にもほとんど伝えずにいた。

それが事件で変わった。

事件当日、園を訪れた際に父の正英さん(82)の姿がテレビに映った。翌27日の朝日新聞の取材では名を伏せるよう求め、匿名で報じられた。報道で気付いた親戚などから、安否を案じる電話が入り始めた。他メディアの取材に実名で応じると、色々な所から連絡があった。「これまで家族で十分愛し合って、ひっそり生きてきた。事件で急に表舞台に引っ張り出された」

一人ひとりの声を聞くうちに、「息子が生きていてくれただけでいい。恥ずかしいなんて言っていられない。隠してもいられない」と思うようになった。29日の朝日新聞の再度の取材に実名を承諾し、写真も提供した。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ