Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/08/05
【朝日新聞】性同一性障害、刑務所はどちらに? 受刑者が見直し訴え


 

【朝日新聞】性同一性障害、刑務所はどちらに? 受刑者が見直し訴え
続きを読む
朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/ASJ7P4H1FJ7PPTIL00L.html

心と体の性が一致せず、男性に生まれながら女性として社会生活を送ってきた人は、刑務所内でも女性として扱われるべきか。傷害致死罪で実刑が確定し、男性刑務所で服役中の性同一性障害の受刑者が処遇の見直しを求めている。弁護団は「本人が真に立ち直って罪を償うためにも、自覚する性別に従って服役できるようにすべきだ」と刑務所に申入書を出した。

処遇の見直しを求めているのは、神戸刑務所(兵庫県)で服役中の受刑者(42)。同居していた男性への傷害致死罪で今年6月に懲役7年の刑が確定した。

弁護団によると、男性として生まれたが、幼少期から女性と自覚。18歳で女性ホルモン投与を始め、20代で性別適合手術を受けた。ただ、戸籍変更にはさらに手術をして性器を希望する性別に合わせた形に変える必要があり、心身への負担が重いことから断念。2004年、戸籍は男性のまま女性名に変更する審判を大阪家裁に申し立て、認められた。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ