Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/08/30
【東京新聞】社説:今、憲法を考える(2)過去幾多の試練に堪へ


 

【東京新聞】社説:今、憲法を考える(2)過去幾多の試練に堪へ
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016083002000127.html

詩人の谷川俊太郎さんが世界人権宣言を訳している。一九四八年、国連で満場一致で採択された宣言である。第一条は-「わたしたちはみな、生まれながらにして自由です。ひとりひとりがかけがえのない人間であり、その値打ちも同じです」。

第三〇条は「権利を奪う『権利』はない」。真理である。例えば基本的人権はどんなことがあっても奪われない。たとえ国民が選んだ国家権力であれ、その力を乱用する恐れがあるため、憲法という鎖で縛ってある。その目的は人権保障であり、個人の尊重である。日本国憲法九七条はこう記す。

<基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託された>

信託とは信頼して管理や処分を任せることである。憲法学者の石川健治東大教授によれば、信託者、受託者、受益者の三者からなる。この九七条では過去の国民が現在・将来の国民に信託している。受託者は受益者のために厳粛な責任を負うという意味である。受益者は将来の国民でもある。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ