Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/09/05
【東京新聞】非正規でも育休取れます 来年、法改正で条件も緩和


 

【東京新聞】非正規でも育休取れます 来年、法改正で条件も緩和
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201609/CK2016090502000166.html

非正規でも育児休業を取れることを知っていますか-。育児・介護休業法(育介法)の改正により、来年1月からパート、契約、派遣など有期雇用の非正規社員は、1年以上同じ企業で雇用され、子どもが1歳6カ月になるまで契約更新の可能性があれば、育休を取れるようになる。従来の更新可能性期間が半年前倒しされ、条件が緩和された。 (細川暁子)

現行の育介法では、有期の非正規社員が育休を取るには、育休を申し出る時点で(1)「一年以上継続して雇用されている」(2)「子が一歳以降も雇用が見込まれる」(3)「子が二歳になるまで更新の可能性がある」の三条件を満たす必要がある。

昨年まで大手電機メーカー子会社の契約社員として働いていた都内の女性(34)は、この三条件に合わずに育休を取得できず、仕事を辞めた。女性は「一年契約で五年まで」との条件で、二〇一一年一月に入社。一五年一月に長男を出産したが、労働契約は一五年末までだったため、育休取得のための(2)と(3)の条件に合わなかった。女性は「同時期に出産した正社員は育休を取って復帰できていたので、悔しかった」と話す。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ