Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/09/07
【毎日新聞】<記者の目>大阪人権博物館 閉館の危機=戸田栄(大阪編集局)


 

【毎日新聞】<記者の目>大阪人権博物館 閉館の危機=戸田栄(大阪編集局)
続きを読む
毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160819/org/00m/040/003000c

負の歴史、気づきの場

人権問題の資料には、両刃の剣となるものが多数ある。例えば、部落問題では古地図。被差別部落の位置が記され、そこから専門家は部落の歴史的位置づけを読み解く。しかし、所在地を明かすから悪用する人も出てくる。こういう取り扱いが難しい資料の収集・保存、展示・公開に重要な役割を果たしてきたのが、1985年に国内初の人権問題の博物館として、財団法人の運営で開館した「大阪人権博物館」(リバティおおさか、大阪市浪速区)だ。もともと大阪府・市が公営博物館と見ていいほどの支援をしてきたが、姿勢を一転させ、現在は大阪市が敷地返還訴訟まで起こし、閉館の瀬戸際に追い込まれている。私は今後も同館が果たすべき役割は大きいと考えており、大阪市に再検討を求めたい。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ