Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/09/08
【日経新聞】人工知能の光と影(上)日米欧、倫理問題 対応急ぐ


 

【日経新聞】人工知能の光と影(上)日米欧、倫理問題 対応急ぐ 
様々な可能性 視野に議論 西田豊明・京都大学教授
続きを読む
日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06882280V00C16A9KE8000/

様々な可能性 視野に議論 西田豊明・京都大学教授

人工知能(AI)は「第4次産業革命」といわれる革新的な社会サービス基盤をけん引する原動力として脚光を浴びている。その半面、AIの負の側面としてこれまで様々な懸念が表明されてきた。そのいくつかを紹介しよう。

第1に、AIの安全性と制御可能性の問題だ。現在のAI技術の中心となる大量のデータからの統計学習手法が、多様で予測困難な現実世界のあらゆる状況で適切に動作するという保証はまだ得られていない。

またAIが暴走して、人間の管理能力を超えた事態を引き起こすのではないかとの不安を払拭できない。自動運転車、オートパイロット搭載車の事故が続くなど、AIが安全面で未完成であることを示唆する兆候も表れている。

第2に、AIによる日常生活のリスク増加の問題だ。情報収集のための圧倒的な質・量のセンサーネットワークとAI技術を用いたデータの自動解析技術の広がりにより、プライバシーやセキュリティーなど日常社会生活に不可欠な権利保護が破綻するのではないかという不安がある。

続きを読む

日経新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ