Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/10/17
【読売新聞】原記者の「医療・福祉のツボ」貧困と生活保護(41)貧困者・弱者をたたく「精神の貧困」


 

【読売新聞】貧困と生活保護(41) 貧困者・弱者をたたく「精神の貧困」
続きを読む
読売新聞
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161013-OYTET50033/

経済的に困っている人々や、生活保護を利用している人々を攻撃する風潮が強くなっています。ネットの世界ではとくに顕著です。

2012年には、人気お笑いタレントの母親が生活保護を受けていたとして、一部の国会議員と週刊誌、テレビ番組が中心になって非難しました(親族の扶養は保護の要件ではなく、不正受給にはあたらない)。生活保護利用者の大半が怠け者や不正受給であるかのような報道も行われました。

今年8月には、NHKのニュース番組に女子高校生が実名で登場して母子家庭の生活の苦しさや進学をあきらめざるを得ない実情を訴えたことに対し、ネット利用者がよってたかって個人的な情報を探り出し、「その程度は貧困ではない」などとバッシングしました。

なぜ貧困や生活保護をたたくのか。他人の心の中は正確につかめないし、本人も自覚しない様々な要素が絡んでいるでしょうが、現在の日本社会のギスギスした状況や、相模原市の障害者施設殺傷事件のような社会的弱者への攻撃とも深く関係するので、筆者の見立てを述べてみます。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ