Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/10/28
【東京新聞】デジタルでバリアフリー読書 見やすく拡大、音読も


 

【東京新聞】デジタルでバリアフリー読書 見やすく拡大、音読も
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201610/CK2016102802000199.html

障害がある子どもたちが通う特別支援学校の授業で、デジタル図書が活用されている。データ化した絵本や児童書の内容をiPad(アイパッド)などタブレット端末に取り入れて拡大して読んだり、読み上げている部分を色付けしたりでき、内容理解を助ける利点がある。「読書のバリアフリー」として注目が集まる。 (細川暁子)

小学部から高等部まで約二百人が通う都立光明特別支援学校(東京都世田谷区)。同校では、絵本や児童書の内容をデータ化したデジタル図書を国語などの授業で使っている。読み書きが苦手な子どもは、紙の本だと行を読み飛ばしてしまうことがあるが、デジタル図書は読んでいる部分を色付けして表示できるため、子どもが集中力を保ちやすい。文字を拡大したり自動音声で読み上げたりもできる。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ