Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/10/31
【SYNODOS】イタリアはいかにして社会を精神病院から解放したのか


 

【SYNODOS】イタリアはいかにして社会を精神病院から解放したのか
『精神病院はいらない!――イタリア・バザーリア改革を達成させた愛弟子3人の証言』編著者、大熊一夫氏インタビュー
続きを読む
SYNODOS
http://synodos.jp/international/18272

『精神病院はいらない!――イタリア・バザーリア改革を達成させた愛弟子3人の証言』編著者、大熊一夫氏インタビュー

精神病院について何も知らない日本の市民は、精神疾患を治して社会に戻してくれるところだと単純に思っているふしがあります。しかし、病棟を観察すれば、治療失敗例・没治療例・救済放棄例のルツボ。精神科のベッド数はなんと30万床以上で、単位人口当たり世界ダントツです。入院期間も世界に例を見ない長期収容です(世界の平均在院日数は20日程度。日本は、1年以上の長期入院を続けている人が、20万人以上)。それは、医療の問題ではなく、入院の必要がないのに病院に留め置かれている「社会的入院」と言われる人が、厚生労働省が認めるだけで18万人(2011年度)もいるという日本社会特有の問題でもあります。

ところが、もう35年以上も前に精神病院を綺麗さっぱりやめて、精神病の人々を重い軽いに関係なく地域で支えてきた町が、イタリアにあります。それがトリエステです。「精神病院はいらない!」と題した本書は、そのトリエステ精神保健革命の先頭に立った3人の精神科医が語る精神病院廃絶物語です。本書の編著者で、30年以上もトリエステを取材してきたジャーナリストの大熊一夫さんに、解説していただきます。(聞き手・編集 / 現代書館編集部・小林律子)

続きを読む

SYNODOS

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ