Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/10/20
【Yahoo!ニュース】離婚した親に求められる覚悟―親子断絶防止法の問題点(2)


 

【Yahoo!ニュース】離婚した親に求められる覚悟―親子断絶防止法の問題点(2)
千田有紀  | 武蔵大学社会学部教授(社会学)
続きを読む
Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sendayuki/20161020-00063454/

千田有紀  | 武蔵大学社会学部教授(社会学)

親子断絶防止法に対する懸念が各方面から出されている。日米首脳会談ときに、オバマ大統領への日本側からの「手土産(当時の報道)」として、あまり審議されることもなく、ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)を締結したからには、国内法にも手を付けることになるとは思っていた。アメリカの「外圧」には逆らえまい。しかし今回の親子断絶防止法案は、あまりに現状を踏まえていない。「子どもの福祉」を理由とするならば、当事者の子どもの声を聴いたことがあるのだろうか。

私の専門は家族社会学である。授業が終わるとコメントペーパーを提出してもらうのだが、ときに自分の経験を書いてくれる学生がいる。少なからぬ学生が(3組に1組の結婚は離婚に終わるのだから当然であるが)、「自分は離婚家庭の子どもである」と教えてくれる。しかしそこで、「別れた親に会えなくて辛い」もしくは「親に会えなくて自分の健全な成長が阻害されてしまった」と書いてくる学生に会ったことはない。むしろ、面会交流によって傷ついた具体的な経験がこれほどあるのかと、驚いた。なるほど面会交流というものは、親のほうも覚悟を問われるのだなと痛感した。私たちはそのことをどれぐらい理解し、覚悟しているだろうか。

続きを読む

Yahoo!ニュース

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ