Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/11/28
【法学館憲法研究所】中高生のための憲法教室 第9回「公共の福祉」ってなんだろう?


 

【法学館憲法研究所】中高生のための憲法教室 第9回「公共の福祉」ってなんだろう?
続きを読む
法学館憲法研究所
http://www.jicl.jp/chuukou/backnumber/09.html

そもそも近代の憲法は、国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るために生まれました。ですから、憲法は「人権保障の体系」であるということができます。そしてここで人権を保障される国民は、あくまでも個人として尊重されなければなりません。「個人の尊重」こそが憲法の基本的な価値なのです。

そのことを憲法は「すべて国民は個人として尊重される」と規定しました(憲法13条)。人権の発想はこのように国民を一人ひとりの個人ととらえることから始まります。社会的な地位や身分関係で国民をとらえるのではなく、あくまでも一人ひとりの個人として、その生き方や存在を尊重し肯定するのです。

このように「個人の尊重」を根本価値とする人権ですが、実は絶対に制限されないわけではありません。このことを憲法は「公共の福祉」という言葉を使ってあらわしました。12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」とあります。

続きを読む

法学館憲法研究所

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ