Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/11/14
【imidas】女性議員の増加は民主主義のバロメーター


 

【imidas】女性議員の増加は民主主義のバロメーター
「クオータ」導入で、多種多様な意見を議会に反映
時事オピニオン:三浦まり(上智大学法学部教授)
続きを読む
imidas
http://imidas.jp/opinion/C-40-101-16-11-G644.html

「クオータ」導入で、多種多様な意見を議会に反映

時事オピニオン:三浦まり(上智大学法学部教授)

193カ国中、日本は157位。この数字は何を表すのか? 国際機関IPU(列国議会同盟)の女性国会議員(下院)比率ランキングである。さらに世界経済フォーラムが各国の男女格差(ジェンダー・ギャップ)を比較した報告書では、日本は144カ国中111位と前年の101位から後退した。これは政治・経済分野での格差が影響している。

今年2016年は、女性参政権取得から70年目となる年だが、残念ながら日本の女性議員の割合は、衆議院で9.5%、参議院で20.7%と低い。さらに地方では、女性議員が一人もいない議会が全自治体の20.1%という数字も問題だ。こうした状況に「日本は真面目に民主主義を考えていない」と警告するのは、三浦まり上智大学教授。これを打破するには「クオータ」の導入が必須とも語る三浦教授に、その歴史と必要性、実施に向けての可能性を尋ねた。

続きを読む

imidas

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ