Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/11/02
【信濃毎日新聞】社説:年金制度改革 痛みをどう分かち合う


 

【信濃毎日新聞】社説:年金制度改革 痛みをどう分かち合う
続きを読む
信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161102/KT161101ETI090008000.php

高齢者の年金の支給額を今以上に抑える法案がきのう、衆院本会議で審議入りした。

公的年金は現役世代から高齢者への仕送りといえる。少子高齢化がいっそう進み、仕送りする世代は細り、負担が重くなる。世代間のバランスをどう取るかが議論の焦点になる。

社会保障の中でもとりわけ年金制度は、調整の方式が複雑で分かりにくい。それだけに政府が丁寧な説明に努めないと、国民の理解は得られない。

年金制度改革法案の柱の一つは、保険料を支払う現役世代の賃金と、高齢者の暮らしに関わる物価の両方を考慮して年金支給額を決めるルールを変えることだ。

現在は、デフレ下で物価の下落より賃金が下がった場合は物価に合わせて改定してきた。物価が上昇し、賃金が下落した場合は据え置いている。高齢者への影響を最小限にとどめるためだ。

これを、賃金が下がったら必ず賃金に合わせて年金を減額する仕組みに改める。減額は今より大きくなる。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ