Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/11/16
【中日新聞】イ病 闘いの50年刻む 対策協 顕彰碑を除幕


 

【中日新聞】イ病 闘いの50年刻む 対策協 顕彰碑を除幕
続きを読む
中日新聞 
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016111402100009.html

富山県の神通川流域で発生したイタイイタイ病(イ病)の被害者団体、イタイイタイ病対策協議会の結成五十周年を記念した顕彰碑の除幕式が十二日、富山市婦中町萩島の清流会館で開かれた。協議会や弁護団などの関係者約百三十人が、半世紀に及ぶ住民運動の歴史に思いを寄せ、悲劇を繰り返さないことを誓った。

「イタイイタイ病 闘いの顕彰碑」と刻まれた碑は台座を含めて幅四メートル、高さ二・七メートルで、一枚岩の黒御影石製。裏には住民運動の闘いの歴史や成果などがつづられている。先人たちの功績をたたえ、二度と繰り返さないという思いを込めて、協議会が置かれる同会館の前庭に据えた。

式典で、高木勲寛会長(75)は歩みを振り返り「患者の救済や汚染土の復元などすべての原点は協議会の結成にある」とあいさつ。途中、感極まる場面もあり「語り尽くせぬ思いがたくさんある。碑が惨事を繰り返さない糧になることを願う」と続けた。その後、代表者たちが除幕をした。

続きを読む

中日新聞 

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ