Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/11/30
【東京新聞】外国実習生を国別に採点 受け入れ団体HP「差別的」批判受け削除


 

【東京新聞】外国実習生を国別に採点 受け入れ団体HP「差別的」批判受け削除
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112602000248.html

外国人技能実習生の受け入れ監理団体「国際事業研究協同組合」(本部・高松市)が「国別の介護技能実習生のポテンシャル」と題して、東南アジア六カ国の実習生の学習能力や親日度などを国ごとに評価し、介護への適性を採点した表をホームページに公開していたことが二十六日、分かった。

専門家は「個人の資質は国別に決まるものではない。先入観で点数を付けるのは差別的だ」と批判。介護現場で働く外国人の大幅増につながる二つの法律が成立したが、実習生を受け入れる側の意識や目的が問われそうだ。

組合は同日までに共同通信の取材に応じ「差別と言われて思い当たることがあった」として表を削除した。

表では、インドネシア、カンボジア、タイ、フィリピン、ベトナム、ミャンマーの六カ国について「介護への適性」など八項目を設け、計百点満点で評価。「◎」「△」などと優劣を示す記号を併記し、総合点の高い順に並べていた。

「介護への適性」の項目では、判断基準を「心から弱者をいたわる奉仕の気持ちがあるか。年長者を尊重する国民性か」と説明。点数の低い国を「△(あまり適していない)」と評価した。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ