Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/12/15
【週刊朝日】配偶者控除150万円でも大きな壁 約5割は「働き方は変わらない」


 

【朝日新聞】インタビュー:過労死の四半世紀 弁護士・川人博さん
続きを読む
朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12704432.html

配偶者控除が見直されるというが、わが家の家計にはどう影響するの? そう思う読者も多いはず。そこで、2018年から始まる新制度で、家計の手取りがどう変わるかを試算した。損する家庭、得する家庭もあれば、得しそうなのに損する家庭も出てきそうだ。

配偶者控除とは、税金を計算する際に収入から差し引ける額。控除が増えると支払う税金を少なくでき、減ると税金が高くなる。

今回の見直しで“損する”のは、増税となる高所得層の家庭。夫の年収が1120万円超だと段階的に控除が減り、1220万円超だとゼロに。夫の年収1500万円の専業主婦世帯の場合、年15.8万円の負担増になる。約100万世帯が増税になるという。

続きを読む

週刊朝日

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ