Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/12/06
【読売新聞】知って安心!今村先生の感染症塾「エイズ」ってなに?


 

【朝日新聞】教えて!結婚と法律6:同姓・別姓、海外の制度は?
続きを読む
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S12098295.html

12月1日は世界エイズデーです。日本では12月をエイズ月間として、各都道府県で様々な啓発がすすめられます。

……でも、そもそも「エイズ」ってなに?

若い人たちは無関心によって、そして年齢の高い人は誤解や偏見で、「エイズという名前は知っていても、どんな病気かよくわからない」という人が多くいます。今回は、この「エイズ」についてのお話です。まずは「正しく知る」ことから始めましょう。

エイズとHIV感染症

あなたは、「エイズ」という言葉の意味を知っていますか? この病気の正しい名前は「HIV感染症」といいます。HIV感染症とは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスによって起こる感染症です。このウイルスに感染すると、数年から十数年という比較的長い経過で、いろいろな病気と戦う抵抗力(免疫)が徐々に低下していきます。免疫というのは、みなさんが知らない間に多くの病気を防いでくれています。したがって、高度に免疫が低下すると、脳、肺、消化器、皮膚など、体の様々なところに病気を起こすようになってしまいます。そして、このように免疫が低下して、病気を発症した状況が「エイズ」と呼ばれています。つまり「エイズ」とは、HIV感染症の中でも、特に病気が進行した状況であることを意味しているのです。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ