Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/12/16
【読売新聞】社説:カジノ法成立 深刻な副作用踏まえ再考せよ


 

【読売新聞】社説:カジノ法成立 深刻な副作用踏まえ再考せよ
続きを読む
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161215-OYT1T50173.html

多くの深刻な副作用を伴うカジノを本当に解禁するのか。政府・与党は、いったん立ち止まり、真剣に再考すべきだ。

統合型リゾート(IR)の整備を推進するためのカジノ解禁法が成立した。自民党、日本維新の会などが賛成した。

参院審議で、議員立法の法案は修正された。だが、カジノの悪影響としてギャンブル依存症を例示し、5年後の見直し条項を追加する、小手先の修正にすぎない。

カジノには、マネーロンダリング(資金洗浄)や、暴力団の関与、青少年への悪影響、風紀の悪化など、様々な問題点が指摘される。これらにきちんと向き合わないのは、立法府として無責任だ。

参院では、参考人質疑を含め、16時間の委員会審議を行った。衆院の6時間よりはましだが、違法な賭博を容認する重大な政策変更に見合うとは到底言えない。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ