Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2016/12/19
【朝日新聞】政治断簡:領土交渉、アイヌ民族の問い 編集委員・松下秀雄


 

【朝日新聞】政治断簡:領土交渉、アイヌ民族の問い 編集委員・松下秀雄
続きを読む
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S12711711.html

10年前に亡くなった萱野茂さんは、アイヌ民族でただ一人、国会議員を務めた人だ。参議院の会議録を開くと、日本とロシアの北方領土交渉をこう評していた。

「北方領土はアイヌの国だった。持ち主であったアイヌの頭越しに、おれのだ、おれのだと引っ張り合いしているように聞こえるわけです」

萱野さんは択捉島の地図を示し、ここには314のアイヌ語地名が載っています、四島の島名もすべてアイヌ語、アイヌ民族の先祖が住んでいたところですと説いた。

日ロ両国は、アイヌ民族の地に国境線を引いて囲い込んだ。歴史を調べると、彼らがなめた辛酸が浮かぶ。たとえば1884年、日本は北千島の住民を色丹に強制移住させる。生きる糧を失い、病に苦しみ、大半が命を落とす。

重い民族の原体験。私がその立場なら、日本政府や「和人」側が島々を「日本固有の領土」という時、心穏やかにいられるだろうか?

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ