Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/01/23
【ハフィントンポスト】共謀罪はなぜ過去3回廃案になったのか 保坂展人(世田谷区長。ジャーナリスト)


 

【ハフィントンポスト】共謀罪はなぜ過去3回廃案になったのか 保坂展人(世田谷区長。ジャーナリスト)
続きを読む
ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/conspiracy_b_14298562.html

今年の通常国会に提出される法案のうち、過去3回廃案となった「共謀罪」に注目が集まっています。政府は「テロ等準備罪」と名称変更して看板をかけかえましたが、骨格も内容も以前と大きな変更はありません。対象犯罪を676とした上で提出すると伝えられてきましたが、最近になって「対象犯罪が広すぎるので、絞り込む」という話題が出てきています。

私は、2005年から2006年にかけて、衆議院法務委員会で野党の一員として「共謀罪」をめぐる国会論戦を担いました。2005年は、小泉純一郎内閣が突然の郵政解散で圧勝した後で、自民・公明の連立与党は圧倒的多数の議席でした。「数の力」からすれば、3回も廃案となるという結果を予想したメディア関係者は皆無に近かった状況です。

ところが、国会で議論をすればするほどに、政府・法務省提出の共謀罪への疑問はふくらみ、自民・公明の与党側からも、たびたび修正案が国会に提出される異例の事態となりました。「数の力」では勝敗は明らかでしたが、あまりに筋が悪い法案だったことと、今回の「カジノ法」等のような形式的な特急審議ではなく、国会論戦にふさわしい議論を許容する「品格」が、当時の与党側にも存在していたからこそ、深く掘り下げた議論ができたのだと思います。

続きを読む

ハフィントンポスト

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ