Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/01/19
【河北新報】<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる


 

【河北新報】<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる
続きを読む
河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170116_13008.html

東日本大震災直後に宮城県内で流れた「被災地で外国人犯罪が頻発している」というデマを聞いた仙台市民の8割以上が事実と信じたとする調査結果を、郭基煥(カクキカン)東北学院大教授(共生社会論)がまとめた。宮城県警によると当時、外国人犯罪が増えた事実はない。会員制交流サイト(SNS)の普及で真偽不明の情報が拡散しやすい状況と、大災害直後の特殊な心理状態が背景にあったとみられる。

調査は昨年9~10月、被災した仙台市青葉、宮城野、若林の各区に住む日本国籍の20~69歳、計2100人を対象に実施。質問を郵送し770人から回答を得た。回収率は36.7%。

回答者全体の51.6%が「被災地で外国人の犯罪があるといううわさを聞いた」と答えた。そのうち信じた人は86.2%に上った。年齢や性別で大きな差はなかった。外国人犯罪を「確かに見た」と答えた人は0.4%、「そうだと思われる現場を見た」は1.9%とごくわずかだった。

続きを読む

河北新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ