Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/01/06
【毎日新聞】高齢者定義:社会保障、後退の恐れも 「75歳以上」提言


高齢者の定義を「75歳以上」に見直すべきだとする日本老年学会などの提言は、医学的な見地から、65~74歳は十分に社会参加ができる活力と意欲を備えた層だと前向きに評価したものだ。一方で「生涯現役」を強調しすぎると、高齢者が安心して老後を過ごせる社会保障制度が後退する恐れもある。

<日本老年学会>高齢者「65歳以上」→「75歳以上」に

厚生年金の支給開始年齢は段階的に65歳に引き上げられている。働き手が減る中で、国は企業に対し希望する65歳までの雇用確保を義務付けている。高齢化に伴う国の財政負担は増え続け、社会保障制度の担い手をどう確保するかは大きな課題だ。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ