Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/01/13
【秋田魁新報】社説:南スーダン情勢 民族対立を放置するな


 

【秋田魁新報】社説:南スーダン情勢 民族対立を放置するな
続きを読む
秋田魁新報
http://www.sakigake.jp/news/article/20170112AK0015/

日本が国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊を派遣している南スーダンを巡り、民族対立が激化し大量虐殺につながる恐れがあるとして、米国が国連安全保障理事会に提出した南スーダンへの武器禁輸を含む制裁決議案が否決された。

採択には全15理事国のうち9カ国以上の賛成が必要だったが、日本や中国、ロシアなどが棄権し、賛成は米英仏など7カ国にとどまった。複数の国際人権団体は「(南スーダンの)人々がどれほどの失意にあるか想像に余りある」との声明を発表した。

南スーダンでは、陸自部隊が駐留する首都ジュバで昨年7月に政府軍と反政府勢力の大規模な戦闘があり、和平合意は事実上崩壊。国連人権理事会は「南スーダンでは至る所でジェノサイド(民族大虐殺)の兆候が見られる」と危機感を示し、国際社会に虐殺防止に向けた行動を取るよう求めていた。

米国はこうした情勢を踏まえ、南スーダン政府の反発を覚悟で、制裁決議案提出に踏み切ったとみられる。

続きを読む

秋田魁新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ