Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/01/19
【日刊ゲンダイ】治療の第一人者が語る 「脱・薬物依存」最新プログラム


 

【日刊ゲンダイ】治療の第一人者が語る 「脱・薬物依存」最新プログラム
続きを読む
日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/197686

清原和博、ASKA、高知東生ら昨年は著名人による薬物事件の報道が相次いだ。しかし、それらが薬物依存撤廃につながるのかといえば……。

「薬物に手を出していない人にとって、一連の薬物事件の報道は抑止力になるかもしれない。しかし、薬物依存で苦しんでいる人には、かえってマイナスの影響があります」

こう話すのは、薬物依存治療の第一人者、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長だ。

患者の中には、治療で回復しつつあったにもかかわらず、テレビ画面に何度も映し出される注射針や白い粉末に、薬物への欲求が「再燃」した人もいるという。

また、「薬物依存に陥る人に問題がある」といわんばかりの数々の発言が、誤った認識を世間に浸透させ、薬物依存患者の孤立化をより招いた可能性もある。

続きを読む

日刊ゲンダイ

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ