Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/02/13
【河北新報】<面前DVと児童虐待>死を連想 おびえる日々


 

【河北新報】<面前DVと児童虐待>死を連想 おびえる日々
続きを読む
河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170213_73059.html
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/area07.html#

親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」。心理的虐待として認知されるようになり、2016年上半期に警察が児童相談所へ通告した子どもの数は1万1627人と前年同期より6割増えた。愛され、守られるべき家庭の中でDVにさらされた子どもは心に深い傷を負い、加害者から逃れた後も苦しみ続ける。被害から回復し、新たな人生を歩み出すには、どんな支援が必要か。当事者の声を基に考える。(生活文化部・足立裕子)

◎回復の道を考える(1)日常の光景

<暴れだす父親>

家族で穏やかに食事をしていると、父が突然、暴れだした。きっかけは分からない。物を壁に投げつけ、母や自分を殴る。まるで何かが乗り移ったように。「今日もまた始まった…」。物心つくころから、それが聡子さん=仮名、20代=の日常の光景だった。

母はサンドバッグのように何度も殴られ、顔面が腫れ上がった。「自分のせいでお母さんが怒られないようにしよう」。聡子さんは幼い時から、父の帰宅時刻が近づくと家の片付けを始め、原因になりそうなものを取り除いた。

続きを読む

河北新報

河北新報(関連記事)

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ