Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/02/15
【琉球新報】〈識者談話〉被害者に落ち度ない ケネス被告発言


 

【琉球新報】〈識者談話〉被害者に落ち度ない ケネス被告発言 高里鈴代さん(強姦救援センター・沖縄「REICO」代表)
続きを読む
琉球新報(関連記事)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444825.html
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444823.html
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444824.html

高里鈴代さん(強姦救援センター・沖縄「REICO」代表)

加害者が被害者の落ち度を主張するのは性犯罪の特徴だ。被害者の落ち度を指摘することで自分の身を守り、罪を軽くしようとするからだ。性暴力に寛容な社会があるため、そのような主張が出てくる。

このような二次被害を恐れ、被害を言い出せない人も多い。ケネス被告も、まさに「文化的または社会的風習により、日本の被害通報率は低いため、被告は逮捕されることについては全く心配していなかった」と弁護士に告白している。

この事件を知ったとき、多くの女性が「自分が被害者だったかもしれない」と思ったはずだ。まさにその通りで、誰が被害者でもおかしくない事件だった。その時、その場所を歩いていた被害者に落ち度はない。

星条旗の記事を読み、ケネス被告がいまだに罪の意識を持っていないことに驚いた。記事が被害者の家族の目に触れると思うと、いたたまれない。

続きを読む

琉球新報

琉球新報(関連記事)

琉球新報(関連記事)

 

関連キーワード:

一覧ページへ