Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/02/27
【読売新聞】辱めは薬物犯罪を減らせるか――イデオロギーか、サイエンスか


 

【読売新聞】辱めは薬物犯罪を減らせるか――イデオロギーか、サイエンスか
続きを読む
読売新聞
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170227-OYTET50012

薬物事件報道ガイドライン

今年の1月末、私は、薬物依存症の当事者や家族、支援者とともに、厚生労働省の記者クラブでメディア関係者に薬物事件報道ガイドラインを提案させていただく機会を得ました。

この活動に参加したのは、昨年、芸能人・著名人の薬物事件が相次ぐなかで、異様なまでに過熱した報道が、薬物依存症治療の現場に無視できない影響をおよぼしていると痛感する出来事があったからです。

たとえば、ワイドショー番組では、タレントに逮捕された人の業績を辱めるようなコメントをさせ、街頭インタビューの「がっかりした」「ファンをやめます」という声を拾いつつ、事件を報じました。すると、番組を 観み た薬物依存症患者の多くが、強く自分を責めるとともに社会における居場所のなさを痛感し、治療意欲を失ったのです。それだけではありません。番組で流される「注射器や白い粉」のイメージカットを目にした患者のなかには、遠のいていた渇望が目を覚まし、薬物を再使用してしまった人もいました。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ