Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/16
【マガジン9】立憲政治の道しるべ:南部義典 第114回「国会は、教育勅語"排除"の再決議を」


 

【マガジン9】立憲政治の道しるべ:南部義典
第114回「国会は、教育勅語“排除”の再決議を」
続きを読む
マガジン9
http://www.magazine9.jp/article/rikken/32534/

憲法によって国家を縛り、その憲法に基づいて政治を行う。
民主主義国家の基盤ともいえるその原則が、近年、大きく揺らぎつつあります。
憲法違反の発言を繰り返す政治家、憲法を無視して暴走する国会…。
「日本の立憲政治は、崩壊の危機にある!」
そう警鐘を鳴らす南部義典さんが、現在進行形のさまざまな具体的事例を、

「憲法」の観点から検証していきます。

教育勅語にすがる政治家の愚

この国には、「保守」を自認、自称する人が少なからずいます。しかし、その多くは、習俗、宗教など、社会における多元的な価値の共存を許容する、日本ながらの伝統的な保守主義とは違う趣を持っています。特定の時代における特定のトレンドだけを捉えて(明治憲法ないし大日本帝国的なものに対する一方的な妄想と憧憬を抱いて)、国家、社会、個人のあり様を声高に論じる、浅学、摘み食いの「保守主義者」がいかに多いことか、最近のニュースを視るたびに、つくづく感じます。

続きを読む

マガジン9

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ