Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/23
【介護のニュースサイト Joint】介護職の虐待、過去最多408件


 

【介護のニュースサイト Joint】介護職の虐待、過去最多408件
通報は約5割増 意識の高まりも影響 厚労省調査
続きを読む
介護のニュースサイト Joint
http://www.joint-kaigo.com/article-3/pg650.html

通報は約5割増 意識の高まりも影響 厚労省調査

介護の現場で働く職員による高齢者への虐待が増え続けている。厚生労働省が21日に公表した調査の結果によると、2015年度の1年間に発覚したのは408件。300件だった前年度から36.0%増え、これまでで最も多くなった。個々の資質や働く環境、処遇などが影響しているとみられる。社会の意識が以前より高まったことで、埋もれていたケースが表に出てくるようになったという側面も大きい。

平成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果

この調査は、高齢者虐待防止法にもとづいて2007年度から毎年行われている。全国の都道府県、市町村からの報告を厚労省が集計したものだ。

最新の2015年度の結果をみると、職員による虐待が疑われるとして自治体へ寄せられた相談・通報は1640件。前年度から46.4%増加して過去最多となった。このうち、実際に虐待があったと判断されたのは408件。内訳は多い順で、「身体的虐待(61.4%)」、「心理的虐待(27.6%)」、「介護等放棄(12.9%)」となっている。利用者が亡くなった事例も1件あったという。

続きを読む

介護のニュースサイト Joint

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ