Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/03
【琉球新報】社説:ハーグ条約初適用 主旨周知し子の利益守れ


 

【琉球新報】社説:ハーグ条約初適用 主旨周知し子の利益守れ
続きを読む
琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-453488.html

不幸な境遇に置かれた子の利益を第一に考えたい。そのためにも条約の周知を徹底したい。

県内の女性が「ハーグ条約」に基づき、米国人父親の両親と暮らす1歳の娘の返還を求めた申し立てについて、米フロリダ州連邦地裁は母親の請求を認めて娘の返還を命じる決定を出した。「子どもの通常の居住国は日本」と同地裁は判断した。

今回の裁判は米国人と結婚し、米本土で暮らしていた女性が妊娠中に夫の暴力に遭い、帰国したことが発端となった。娘は帰国後に生まれている。その後、娘の親権を主張する父親の訴えを裁判所が認め、女性は子どもを失った。

夫の暴力で夫婦関係が破綻した経緯を考えても、条約に基づく地裁決定は妥当だ。一日も早く、女性が娘と再会できるよう当事者や関係者の理解を求めたい。

両親の離婚などで国境を越えて引き離された子どもの取り扱いを定めた「ハーグ条約」に日本は2014年4月に正式加盟した。条約は子どもを元の居住国に戻すことが原則で、県内からの返還申し立てが認められたのは初めてだ。

続きを読む

琉球新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ