Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/23
【マガジン9】風塵だより:鈴木耕 あなたを襲うかもしれない悪夢


 

【マガジン9】風塵だより:鈴木耕 あなたを襲うかもしれない悪夢
続きを読む
マガジン9
http://www.magazine9.jp/article/hu-jin/32689/

沖縄の名護署に勾留されていた山城博治さんが、3月18日の夜、ようやく保釈された。昨年の10月17日に逮捕されてから実に5カ月もの長期間、勾留されていたことになる。

山城さんの保釈は嬉しいことだけれど、実はもうおひとり、長期勾留されている方がいる。その方の釈放も勝ち取らなければならない。

山城博治さんの罪状とは?

山城さんは、いったいどんな罪状でこんなにも長い間、拘束され続けていたのか。

最初に、米軍新基地建設反対運動の渦中で、山城さんは米軍施設の有刺鉄線を切断した(被害額は約2千円という)として、現場からは数百メートルも離れた場所で「準現行犯」で逮捕された。

勾留期間が過ぎようとすると、3日後、2カ月前(昨年8月)のもみ合いで防衛局職員の肩をつかんで揺すり2週間のケガを負わせたという「傷害容疑」で再逮捕。

さらに、昨年の1月(10カ月も前のことだ!)に、ゲート前にブロックを積んで車両の通行を妨げたとして「威力業務妨害容疑」で再々逮捕。

つまり、微罪で保釈しなければならなくなると、別の罪を持ち出して逮捕を繰り返す、というまことに姑息な勾留延長策なのだ。

続きを読む

マガジン9

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ