Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/23
【朝日新聞】(インタビュー)「共謀罪」のある社会 神戸学院大学教授・内田博文さん


 

【朝日新聞】(インタビュー)「共謀罪」のある社会 神戸学院大学教授・内田博文さん
続きを読む
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S12852850.html

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案が21日、国会に提出された。近年進められた国の権限を強める法整備は、戦時体制を強めていった動きに似ていると指摘される。近代の刑法史に詳しい内田博文・神戸学院大学教授に聞いた。

――過去3回、国会で廃案になった「共謀罪」の構成要件を変えた法案が国会に提出されました。

「共謀罪はじめ近年の法整備などの動きは、戦前をほうふつさせます。国の安全保障に関する情報漏れを防ぐ特定秘密保護法が2013年に成立、14年には集団的自衛権行使を容認する閣議決定がされ、15年には自衛隊の海外での武力行使を可能にする安全保障関連法が成立しました。この流れの中に、共謀罪の制定があります。戦時体制を支えた、左翼思想を取り締まる治安維持法、軍事機密を守る軍機保護法や国防上の重要な情報を守る国防保安法などの戦時秘密法、すべての人的、物的資源を戦争のために使えるようにする国家総動員法、家族や民間団体を統制する戦時組織法制を整備していった戦前に重なるのです」

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ