Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/31
【埼玉新聞】46人死亡...昨年、県内の困窮者宿泊所 今後増の可能性、その背景は


 

【埼玉新聞】46人死亡…昨年、県内の困窮者宿泊所 今後増の可能性、その背景は
続きを読む
埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/03/30/06_.html

生活困窮者に対して、NPO法人などが一時的な滞在の場を提供する県内の無料低額宿泊所で、昨年1年間に少なくとも計約46人の入居者が死亡していることが、埼玉新聞の実施した市町村への調査で分かった。60歳以上の入居者が6割超に上り、入居期間も長期化していることが背景とみられる。県はガイドラインで入居期間を原則1年と定め、事業者に転居支援をするように求めているが、専門家は行き場のない高齢者の「終(つい)のすみか」として利用される恐れがあると指摘している。

県によると、昨年4月時点の県内の宿泊所は56施設で、入居者数は2573人。約98%が生活保護受給者でほとんどが男性だった。平均年齢は59・2歳。60歳以上が6割、70歳以上が2割に上る。

続きを読む

埼玉新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ