Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/03/31
【webちくま】女子高生が性を買われるということ『難民高校生』(仁藤夢乃 ちくま文庫)刊行記念対談


 

【webちくま】女子高生が性を買われるということ
『難民高校生』(仁藤夢乃 ちくま文庫)刊行記念対談 仁藤 夢乃/桐野 夏生
続きを読む
webちくま
http://www.webchikuma.jp/articles/-/549

仁藤 夢乃/桐野 夏生

女子高校生の頃、街を彷徨う生活を送っていた仁藤夢乃氏は、その体験を描いた『難民高校生』をちくま文庫で刊行した。一方、桐野夏生氏は、『週刊朝日』で、連載小説「路上のX」の執筆にあたり、仁藤夢乃氏の『難民高校生』を読み、仁藤氏が立ち上げた中高生支援団体のスタディツアーにも参加したという。いま、女子高生を「JKビジネス」にさらそうとする社会の問題、そして「親子断絶防止法」の大きな問題点まで実体験をもとに語り合う。

●「路上のX」取材での出会い

桐野 私は「路上のX」(「週刊朝日」で連載した女子高校生を主人公とした小説)を書くときに、偶然ネットでColabo[注1]を知って、仁藤さんの著書『難民高校生』と『女子高生の裏社会』をKindleで買って拝読しました。居場所のない女子高生の、想像を絶する生々しいルポでした。現実があまりにすごいことに驚いて、小説がどこまでその現実を追いかけていけるのだろうかということで悩みました。簡単に書けるテーマではないと。だから、仁藤さんのご著書は、私にとってはショッキングな本だったんです。

続きを読む

webちくま

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ