Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/04/07
【東京新聞】包容社会 分断を超えて(特別編)言葉が差別気づかせる


 

【東京新聞】包容社会 分断を超えて(特別編)言葉が差別気づかせる
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040702000134.html

◇法政大総長・田中優子さん

今年の三月十一日、私は大学のウェブサイトに、「東日本大震災から六年目を迎えて」と題したメッセージを載せた。その原稿を書いているときのことだ。私は学生の中にも、六年前の体験から直接間接に影響を受けている者がいるに違いないと思い、「そのことも気にかかっています」と書いた。いつも私は公にする原稿を書くと、総長室長に見せて直すべきところがないか確認してもらう。このときもそうした。

本学では、総長が教員を総長室長に指名している。総長を助けて理事たちの間をつなぎ、まとまりある理事会運営を維持するためである。私が指名した総長室長は教育学の教授であった。

彼女は「災害そのものの問題性とともに、時間がたつ中で災害後のプロセスの問題性が浮かび上がってきている。痛んでいる人を、さらに痛めるのはなぜか? エネルギーという大きなシステムの問題に加えて、脅かされた人権が今どうなっているかという視点があると、より良いかもしれない」とコメントしてくれた。そのとき初めて、自分が「気にかかっている」といささかぼんやりと書いたことの内実が、水底から水面にはっきり浮上してきたのである。そして以下を付け加えた。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ