Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/04/18
【東京新聞】慰安婦「連行」文書など提出 内閣官房へ公文書館 新たに19件182点


 

【東京新聞】慰安婦「連行」文書など提出 内閣官房へ公文書館 新たに19件182点
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017041702000219.html

旧日本軍の慰安婦問題で、国立公文書館が新たに関連する公文書十九件百八十二点を内閣官房に提出したことが分かった。専門家は「軍の関与と強制連行を示す記述が随所にある」と指摘。一方、内閣官房は取材に「強制連行を示す記述は見当たらないという政府認識は変わらない」としている。

十九件は、法務省がまとめた戦後の東京裁判やBC級戦犯裁判の記録。このうち「バタビア裁判25号事件」資料には、日本海軍のインドネシアの特別警察隊元隊長が戦後、法務省関係者に「二百人くらいの婦女を慰安婦として奥山部隊の命によりバリ島に連れ込んだ」と証言した記述があった。「ポンチャナック裁判13号事件」の判決文には「多数の婦女が乱暴な手段で脅迫され強制させられた」との内容が書かれていた。

十九件は法務省から一九九九年度に公文書館へ移管されていた。市民団体から「慰安婦問題の政府調査に必要な文書では」との指摘を受けた法務省は、内閣官房に報告するのが妥当と判断。公文書館が今年二月、コピーを内閣官房に提出した。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ