Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/04/21
【読売新聞】伴走記 母親たちの選択、暴力 消えない心の傷


 

【読売新聞】伴走記 母親たちの選択、暴力 消えない心の傷
続きを読む
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO028971/20170419-OYTAT50000.html

「DVの環境 子供に虐待と同じ」

過敏性腸症候群。近畿地方で小学生2人の子と暮らすシングルマザーの北川亜紀さん(41)(仮名)についた診断名だ。6年前の離婚からまもない頃という。

下痢や便秘を伴う心因性の病気で、亜紀さんの場合、水のような便が意図せず出てしまう。「職場で食べない」で対処したが、調子が悪いとおむつを着けた。今も完治はしていない。

原因は、離婚するまで続いた夫のDV(ドメスティック・バイオレンス=親密な人間からの身体的、精神的な暴力、暴言など)。

「離婚後、カウンセリングを受け、抱え込んできたストレスに対処しないといけなかったんですけど、蓋をしてきてしまって」。一手に担う育児、家事、仕事を優先してきた代償だった。

続きを読む

読売新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ