Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/05/18
【NHK 時論公論】沖縄復帰45年 意識の溝をどうする


 

【NHK 時論公論】沖縄復帰45年 意識の溝をどうする
西川 龍一  解説委員
続きを読む
NHK 時論公論
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/270746.html

西川 龍一  解説委員

沖縄は、本土に復帰して45年を迎えました。復帰から半世紀近く。国内のアメリカ軍基地が沖縄に集中する実態は変わりませんが、こうした沖縄の負担をどう考えるべきかという意識が沖縄と本土でかい離していることが、お互いの溝を深めているように思います。今夜はこの問題について考えます。

沖縄が本土に復帰したのは、1972年の5月15日のことでした。太平洋戦争中、国内で唯一の地上戦が行われ、県民の4人に1人が犠牲となった沖縄は、日本が降伏したあともアメリカ軍が駐留を続け、復帰を果たしたのは、戦後27年を経てのことでした。

住民の土地を強制接収して建設されたアメリカ軍の基地などは、復帰しても残されたままでした。移設が問題となっている普天間基地は、役場や学校、病院などがあり、集落が点在する場所に作られました。沖縄の軍事施設は、こうした住民の農地や住宅を強制接収して建設されたものであることを知っておく必要があります。

続きを読む

NHK 時論公論

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ