Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/05/02
【東京新聞】強いられた不妊手術 優生保護法「国は謝罪と補償を」


 

【東京新聞】強いられた不妊手術 優生保護法「国は謝罪と補償を」
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017050102000105.html

「不良な子孫の出生を防止する」と定めた旧優生保護法(一九四八~九六年)の下、障害や遺伝性疾患を理由に不妊手術などを受けさせられた人たちがいた。このうち、ハンセン病患者には国が謝罪・補償をしているが、他の人たちは取り残されたままだ。十六歳で不妊手術をされた宮城県の女性(71)による人権救済の申し立てを機に、謝罪・補償を求める声が高まっている。 (小林由比)

「子どもを産めなくされたのを知ってから苦しみが始まり、今も苦しい毎日です」。三月下旬、参議院議員会館で開かれた集会で、女性が人生を振り返った。

貧困家庭で育ち、妹弟の世話などで学校に通えなかった。中学三年の時、できたばかりの知的障害児施設に入所させられた。住み込みで家事手伝いをしていた十六歳の時、何も知らされず、卵管を縛って妊娠できなくする手術を受けさせられた。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ