Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/05/10
【神戸新聞】父はなぜ「特別法廷」で? 差別の実態追い続ける


 

【神戸新聞】父はなぜ「特別法廷」で? 差別の実態追い続ける
続きを読む
神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201705/0010164228.shtml

亡き父がハンセン病を理由に裁判所外の「特別法廷」で裁かれた兵庫県尼崎市の男性が、当時の記録を自ら集め、差別や偏見の実態を調べている。最高裁は1年前、法令に違反する取り扱いで特別法廷を開いていたと認める調査報告書を発表。異例の謝罪も盛り込んだが、男性は「なぜハンセン病患者を差別したのか、根本的な理由が分からない」と今も訴える。(小川 晶)

1956年、ハンセン病にかかった母が岡山県の国立療養所に入り、父と姉2人も相次いで発症して入所した-。

55年に大阪府で生まれた黄光男(ファン・クァンナム)さん(61)は、1歳で岡山県の児童養護施設に預けられた理由をそう聞かされていた。症状が落ち着いて退所した家族と尼崎市のアパートで暮らし始めたのは9歳のころ。「らい病」という言葉をはばかるように口にする母を見て、経緯を深く尋ねたことはなかった。

続きを読む

神戸新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ