Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/05/10
【弁護士ドットコム】性的少数者「暴露」が容認される構造にどう向き合う?


 

【弁護士ドットコム】性的少数者「暴露」が容認される構造にどう向き合う?
一橋アウティング裁判を考える
続きを読む
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/internet/n_6063/

一橋アウティング裁判を考える

同性の友人から恋愛感情を打ち明けられたとき、どうしたら良いのか――。5月5日、明治大学で開かれた「一橋大学アウティング事件」を考える集会で、こんなテーマが話題になる一幕があった。

事件は、一橋大学の法科大学院3年生だった男子学生(当時25歳)が2015年8月に構内の建物から転落死したというもの。亡くなった学生は、同級生の男子学生に恋愛感情を打ち明けたところ、この男子学生により、自身がゲイであることをクラスメートらでつくるLINEのグループで暴露(アウティング)されていた。その結果、精神が不安定になり転落死したとして、遺族は暴露した学生や大学を相手に、慰謝料など計300万円を求めて裁判で争っている。

裁判の最大の争点は、アウティングの違法性だ。この点について、集会に参加した首都大学東京の木村草太教授(憲法)は、「プライバシー権の侵害と言って良いと思う」と語った。

続きを読む

弁護士ドットコム

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ