Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/08
【弁護士ドットコム】40歳未満、死因の1位は「自殺」の衝撃...国の自殺対策はどうなっているのか(1)


 

【弁護士ドットコム】40歳未満、死因の1位は「自殺」の衝撃…国の自殺対策はどうなっているのか(1)
続きを読む
弁護士ドットコム
40歳未満、死因の1位は「自殺」の衝撃…国の自殺対策はどうなっているのか(1)
https://www.bengo4.com/internet/n_6184/
「SOSの出し方」を教えるだけでは、若者の自殺が減らない理由(2)
https://www.bengo4.com/internet/n_6187/

15歳から39歳までの各年代の死因の順位で、自殺が1位。厚生労働省が5月30日に公表した「自殺対策白書」(2017年版)の内容は、社会に衝撃を与えた。しかし国も手をこまねいているわけではない。

白書の発表に先立ち、5月15日には「新しい自殺総合対策大綱のあり方に関する検討会」(座長、本橋豊・自殺総合対策推進センター長)が、今後の「自殺総合対策大綱」の見直しについて話し合った「報告書」をまとめた。この大綱は、自殺対策基本法に基づき、政府が推進すべき自殺対策の指針を定める重要なものだ。

報告書は、地域の実情に応じた細かな施策をすることのほか、若者(40歳未満)を対象にした自殺対策も重視。さらに、自殺率を先進諸国水準まで削減する目標を設定している。「自殺総合対策大綱」が見直される方向性を検討した「報告書」のポイントについて厚生労働省自殺対策推進室に話を聞いた。(渋井哲也)

続きを読む

弁護士ドットコム

40歳未満、死因の1位は「自殺」の衝撃…国の自殺対策はどうなっているのか(1)

「SOSの出し方」を教えるだけでは、若者の自殺が減らない理由(2)

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ