Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/01
【弁護士ドットコム】6月から「産業医」制度変更...巡視義務の緩和で「ブラック産業医」問題どうなる?


 

【弁護士ドットコム】6月から「産業医」制度変更…巡視義務の緩和で「ブラック産業医」問題どうなる?
続きを読む
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_5/n_6162/

厚労省の省令改正に伴い、産業医制度の運用が6月1日から一部変更された。産業医が対応すべき業務が増えていることから、業務負担の軽減と効率化を図る目的だ。

変更点は大きく2つ。1つ目は巡視頻度の緩和。これまで産業医は、作業場などを月1回以上巡視することが義務付けられていた(労働安全衛生規則第15条)。これが一定の条件下であれば、2カ月に1回以上になる。

2つ目は、企業に対し、長時間労働者の情報を提供する義務を設けたこと。具体的には、産業医に対して、残業が月100時間超の労働者の氏名と超過時間に関する情報を伝えなくてはならない。

産業医をめぐっては、企業側と結託して、従業員を退職に追い込む「ブラック産業医」の問題も浮上している。今回の改正をどのように捉えるのか、ブラック産業医問題にくわしい川岸卓哉弁護士に話を聞いた。

続きを読む

弁護士ドットコム

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ