Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/23
【BuzzFeed News】「生きて生きて、生き抜いて」沖縄戦を生き延びた少年を救った、ある言葉とは


 

【BuzzFeed News】「生きて生きて、生き抜いて」沖縄戦を生き延びた少年を救った、ある言葉とは
元沖縄県知事の大田昌秀さんが、戦場で見たもの。そして聞いた言葉たち。
続きを読む
BuzzFeed News
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/okinawa-1945

元沖縄県知事の大田昌秀さんが、戦場で見たもの。そして聞いた言葉たち。

1945年、沖縄。日本国内で唯一、米軍が上陸して地上戦となったこの場所で、激しい戦いを生き抜いた一人の少年がいた。

そんな激しい戦闘に巻き込まれたのは、兵士だけではなかった。多くの学生たちも駆り出され、そして、亡くなった。

まだ10代だった少年は、多くの遺体が積み重なる戦場で自らに問いかけた。「戦争とは、何なのか」と。

日米で合わせて計20万人以上の命が奪われた、沖縄戦。日本側の死者の半数は民間人で、当時の沖縄県民の4人に1人とも言われている。

自らも動員された経験を持つ、元沖縄県知事の大田昌秀さんは、「絶対に二度とあんなおぞましい戦争をやらせてはいけない」と著書に記している。

1925年生まれ。戦争末期の1945年、沖縄師範学校の2年生だったころ、「鉄血勤皇隊員」として戦闘に動員された。

大田さんは過酷な戦場を「奇しくも」生き抜きながら、たくさんの友人を失った。

続きを読む

BuzzFeed News

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ