Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/12
【弁護士ドットコム】ネット中傷の三段活用...最後は「死んで証明しろ」【スマイリーキクチさん・上】


 

【弁護士ドットコム】ネット中傷の三段活用…最後は「死んで証明しろ」【スマイリーキクチさん・上】
続きを読む
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/internet/n_6209/

ある日、突然、身の覚えのない「殺人犯」と名指しされたことから、お笑い芸人・スマイリーキクチさんの人生は一変した。最初の書き込みは、1999年のこと。仕事が軌道に乗りはじめた頃だった。まさか、この日から10年にわたって、格闘が続くとは思わなかったという。

キクチさんが突然、事実無根の「殺人犯」にされた事件とは、1988年〜1989年に東京・足立区で発生した「女子高生コンクリート詰め殺人事件」のこと。全く無関係であるのにもかかわらず、2ちゃんねるや個人ブログ、Yahoo!知恵袋などに書き込みは続き、ようやく2009年になって、書き込んだ19人が摘発された。2011年には、10年間の戦いをまとめた「突然、僕は殺人犯にされた」(竹書房)を出版している。

しかし今もなお、殺害予告、中傷はやまない。いまだに事件との関連を示す「根も葉もない情報」はネット上に漂い、殺害予告は、1年に1度くらいはあるそうだ。今年2月にも、ブログのコメントに「殺すぞ」などという殺害予告が投稿されたことを受け、NHKの番組への生出演を取りやめた。キクチさんに話を聞いた。(ライター・高橋ユキ)

続きを読む

弁護士ドットコム

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ