Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/13
【東京新聞】「共謀罪、冤罪の懸念」「テロ対策に不可欠」 参院委、有識者3人質疑


 

【東京新聞】「共謀罪、冤罪の懸念」「テロ対策に不可欠」 参院委、有識者3人質疑
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017061302000232.html

参院法務委員会は十三日午前、犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案についての参考人質疑を行い、有識者三人が意見を述べた。冤罪(えんざい)などに対する懸念の声が上がる一方、自由と人権に対立してもテロ対策が必要だとの意見もあった。

日弁連共謀罪法案対策本部事務局長の山下幸夫弁護士(民進推薦)は、反対の立場で発言。条文で新たに使われた「計画」という言葉は、現行法の「共謀共同正犯」の「共謀」と「基本的には同じ」だとして、言葉を交わさない「黙示」による計画の成立が認められる可能性が高いことを問題視。「極めて曖昧な『計画』が、捜査機関による判断で認めるとすれば、冤罪を生む恐れがある」と述べた。法案審議について「審議すればするほど欠陥や問題点が明らかになってきている」と批判した。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ